2020.05.08

アカシアまな板:発売再開のお知らせ

アカシアまな板:発売再開のお知らせ

 

大変お待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。多数のお問い合わせを頂いておりました、アカシアまな板の発売を再開させて頂きました。大変貴重な野生アカシアの巨木を1枚板で製作しています。伝統の目止めを施し、包丁痕等に負けない防腐防カビ効果を高めている大人気製品です。この機会に是非、自然処理と伝統の技術による撥水力など、使いやすさを体感頂けたら嬉しいです。

 

こんな使い方も

オシャレなテーブルコーディネートのキーアイテムとしても。

アカシアまな板本来の使い方

 

トレーやランチョンマット風にも。

アカシアまな板の素敵な使い方2 アカシアまな板の素敵な使い方1

 

もちろん、調理用(まな板として)にも。

 

アカシアまな板本来の使い方 

 

まさに伝統の技術は万能の便利さを誇ります。その代わり、特に自然乾燥期間の長さから製作に数年を要します。手仕事品による便利さ=製作の手間をどれだけかけたか(樹木や技術、ご愛用頂ける皆様を想う研鑽こそが伝統継承の本質です)だと、私たちはいつも感じています。

 

改めてアカシアまな板の取り扱い方法を

弊社スタッフのお子さんが書いてくれた取扱説明書になります。この取扱説明書は1つの作品として弊社が買い取り、弊社スタッフのお子さんにとって、初めて作品が企業との取引として売れた実績とさせて頂きました。私たちはあらゆる物作りを共感し、肩を並べて生活に役立つ技術育成に一歩でも邁進したいと思い行動しています。そういう視点でも、以下の取扱説明書をご覧頂けますと幸いです。

 

 

上記の通り、扱い方はとても便利なのですが、漆器全般(まな板は目止めのみで漆の本塗りはしていません。包丁痕で剥がれるからです。)が直射日光に弱いです。これは古民家等、家屋も同様で直射日光が当たる部位、屋根は瓦や茅葺(かやぶき)であり、交換を前提にして建築してきた歴史がございます。対して骨組みや土台は木造ですよね。つまり保管環境により、長持ちするかは歴然の差が出ます。極端な事例で言えば法隆寺などの最古の木造建築物と同じ論理です。直射日光は、変形や割れの原因となりますので、ご注意下さいませ。目止めと自然処理によるタンニンの分泌により、充分な防腐防カビ効果を発揮致します。

 

STAY HOME 横浜ウッドキャンペーン第1弾:
おうちでご飯を楽しもう!キャンペーン

現在、私たちにできる事をしようと考え、2つのキャンペーンを実施しています。そしてキャンペーン開始から早速ご協力をして下さったお客様の声をご紹介させて頂いております。

 

stayhome横浜ウッドキャンペーン

stay home 横浜ウッドキャンペーン 第一弾の写真はこちらから

 

stay home 横浜ウッドキャンペーン 第二弾の写真はこちらから

 

STAY HOME 横浜ウッドキャンペーン第2弾:
樹齢100年超えのケヤキの木端・配布キャンペーン

⇒保有している木端の仕分け数にご応募数が到達致しましたため終了となりました。

STAY HOME 横浜ウッドキャンペーン第2弾:樹齢100年超えのケヤキの木端・配布キャンペーン

STAYHOME期間中、少しでも弊社で出来る事を考えまして、ケヤキ椀などの材料からとれる木端(積み木キットにする予定だった素材です)を無償提供させて頂きます!積み木にするもよしです!遊び方は無限です!詳細は是非、上記のリンクをご確認下さいませ。※現在(5月8日)既に多数のご応募を頂いており、まだ発送準備が出来ておりませんが、数に限りがございますので無くなり次第終了させて頂きます。⇒(5月11日付:木端の仕分け数にご応募数が到達致しましたため、キャンペーン終了となりました。)

stay home 横浜ウッドキャンペーン 木端配布詳細はこちらから

 

横浜ウッドダイレクトストア

横浜ウッド製品はインターネットでもご購入頂けます。