製品の特徴

横浜ウッドのこだわり

昔ながらの手づくり

私たちの製品は、素材の採取からお客様のお手もとに届くまで、すべて手づくり。天然布を使った拭き漆という伝統的な製法でつく られたウルシ製品からは現代の大量生産品にはない昔ながらの天然漆の香りがいたします。
拭き漆特有の器表面の繊維付着が見られることもありますが、すべて人体に無害な天然素材ですので安心してお使いいただけます。

完全無薬剤です

地球環境とお使いいただく方の健康に配慮し、私たちは製品の素材となる木材に薬剤・漂白処理を一切行っておりません。貴重な資源を無駄にしないため、不必要な選別も行っておりません。
そのため木の本来の色である天然の染み、木の節が見られることがあります。自然が本来持つ豊かな個性をお楽しみください。

最先端の安全塗料

私たちの製品は、素材の採取からお客様のお手もとに届くまで、すべて手づくり。天然布を使った拭き漆という伝統的な製法でつくられたウルシ製品からは現代の大量生産品にはない昔ながらの天然漆の香りがいたします。
拭き漆特有の器表面の繊維付着が見られることもありますが、
すべて人体に無害な天然素材ですので安心してお使いいただけます。

安全な生活雑貨も取り扱っています

食器だけでなく、石鹸など身の回りのものも、安全なものを選んでほしい。だから、私たちは同じ想いを持つたくさんの作り手たちと力を合わせて安全な暮らしをご提案します。
大切な家族を守りたい、よりよいものを残したい。そんな想いは、私たち食器の作り手に限らず、すべての作り手たちの願いです。

詳しくはこちらもご覧ください

木の食器ができるまで

  1. 1 私たちの工房

  2. 2 煮沸消毒

  3. 3 乾燥後選別

  4. 4 木地加工

  5. 5 目止め・本塗り

  6. 6 完成

  1. 1

    私たちの工房について

    私たちは、野生素材が入手しやすいため、敢えて中国福建省に工房を構えています。材料の採取・精製から加工・仕上げまで、人任せにする工程はひとつもありません。※一部国産も再開しています。

  2. 2

    煮沸消毒・天然乾燥

    アジア圏各地の原生林から切り出されてきた木材を大まかな形に加工し、専用プールで24時間煮沸消毒。その後1年間自然乾燥させます。

  3. 3

    乾燥後選別

    1年間の自然乾燥後、虫食いや傷のある材料を取り除きます。

  4. 4

    木地加工

    食器の形に成形をしていきます。すべて手作業のため、一人前の職人でも1日60個程度しか作れません。

  5. 5

    目止め・本塗り

    加工が終わると、塗装工程に入ります。ウルシ製品は工房で精製した漆を何度も塗り重ねていきます。一部製品には極めて安全性の高い食用ポリウレタンを塗装します。最後に天然乾燥させて完成です。

  6. 6

    国内生産再開について

    安全性を検証した国産材を使用した国内生産も一部再開いたしました。箱根細工、小田原漆器の伝統技術を用いながら、材料を厳選し、職人の手でひとつひとつ手作りするものづくりはそのままに、国内でも伝統技術を未来に伝えていきます。

詳しくはこちらもご覧ください

無添加石鹸ができるまで

  1. 1 原料油をブレンド

  2. 2 攪拌

  3. 3 型入れ

  4. 4 カット・熟成

  5. 5 包装

  1. 1

    原料油をブレンド

    横浜ウッドの石鹸は食用の低温圧搾オリーブ油とココナッツ油から作られます。人工香料・合成界面活性剤・発泡剤を一切使用しない無添加石鹸です。

  2. 2

    攪拌

    高熱を加えないコールド製法で作っています。クリーム状になるまで適温を保ちながら撹拌します。

  3. 3

    型入れ

    クリーム状になった原料(トレースといいます)を濾過しながら型に流し込みます。流し込んだ後も急激な温度変化はさせず、適温状態のまま徐々に冷まします。

  4. 4

    カット・熟成

    原料が固まったら規定の重さにカットし、その後4~6週間熟成させます。この間に鹸化という化学反応が進み、弱アルカリ性の石鹸になります。弱アルカリ性は完全無添加石鹸の証です。

  5. 5

    包装

    仕上がった石鹸を酸化防止のためバリアナイロンで包装します。一つ一つ手作業で丁寧に包装しています。横浜ウッドの石鹸は保存料などを一切使用しておりませんので、開封後はお早めにお使い頂き、使用後は水気を取って風通しの良い所で保管してください。

詳しくはこちらもご覧ください