2018.07.26

キシマグループ × YOKOHAMA WOOD コラボスタート!【第1弾:おぼん】

海鮮・会席料理のキシマグループ、神奈川県内7店舗を展開されているキシマさん。

今日までコラボ企画を非公開で進めてきましたが、いよいよコラボ企画の内容を公開できる段階になりました!

 

 

 

→キシマグループさんの公式サイトはこちらです。

 

このご紹介記事を書いている私も、大切な方と大切な時に何度も利用させて頂いた事がございますし、

特に神奈川県にお住いの方は、きじまさんで記念日をお祝いしたりした機会もあるかと思います。

 

 

 

そして本題です。

キシマグループさんから本当に光栄な数々のコラボ依頼を頂きまして、まずその第一弾が…

 

 

 

 

この記事の見出しにもなっている、

キシマグループ様オリジナルトレー(お盆)です。

 

 

 

 

上に記載のある「きじまの本気」という記事、

これはキシマグループ様が実際に発行されている誌面なのですが、

原則として 大規模外食店での導入はスタッフの皆様の手間という面 から、

木製お盆の導入は相当にハードルが高くなります。

 

 

結果は、よく目にするABS樹脂プラスチック系の製品が多くなります。

※プラスチック批判では決してありません。あくまでも導入の難しさを書いています。

 

 

もちろん、一般的な業務用トレー導入との比較コストも比べるべくもありません。

 

 

キシマグループ様の本気、

横浜ウッドのお盆導入による運用の手間、

導入コスト、どれをとっても確かに本気です。

何より弊社と同様、ご愛用者様と向き合う姿勢

が本気です。

 

でなければ弊社製のお盆は導入しません。

 

 

 

この本気の主旨…

 

 

キシマグループさんのミッションは、

「食を通じて持続可能な共同体の創造と発展に寄与する」

事を掲げてご活動されています。

 

横浜ウッドも同様です。

「本来の伝統技術は森林も作る人も使う人も守れる育てる持続可能な技術」

を伝える事。

 

だからこそ知ってほしい、長い年月を経て練り上げられ蓄積された技術たちは、

今も昔も変わらない必需品。

 

 

 

共通の主旨を掲げているからこそ、

両社のコラボがスタート致しました。

 

 

 

オリジナルトレー(お盆)、是非キシマグループ各店で実際にお食事を楽しみながら

お盆も楽しんで頂きたいです。食についても無肥料栽培や自然食店等で見られる調味料

などなどこだわり満載で、これからも益々目が離せません。

 

 

 

 

そしてオリジナルトレー(お盆)だけではなく、

おもてなし館 きじま本陣店で、実際に横浜ウッド食器を販売開始して下さっています。

※オリジナルトレー(お盆)は非売品です。

 

 

→おもてなし館 きじま本陣 詳細ページはこちらです。

 

 

 

 

実はさらに嬉しい、皆様からもご要望が非常に多いあるプロジェクトにも

大きくご協力を頂いておりまして、コラボ企画の続編は次回にまた公開させて頂きます!

ちらっと続編の写真だけ掲載させて頂きます!!

 

 

 

 

 

 

是非キシマグループ各店で、素敵な空間と大切な方々との貴重な時間、そして美味しい食事と共に

横浜ウッドのお盆もお楽しみ下さいませ!!

 

この場を借りて、

株式会社キシマ様に心より御礼申し上げます。

 

 

 

 

追記:

現在、原則としてワンオフ品等のオリジナル製作はお受付休止しております。

横浜ウッドPBでの定番継続製作が難しい本数しかない、養生を終えた貴重な木材を使用して

キシマグループさん専用オリジナルトレー(お盆)を製作致しました。

小ロットでのオリジナル製作を再開できるように色々と計画進行しておりますが、

それはまた別の連載(工房移築編)を開始させて頂く予定です。